違法?合法?知らなきゃ損する知的財産権!鬼滅の刃は・・・

自分の考えた発明や新しく発見した使い方、創作物などを保護するためにある「知的財産権」。 

しかし、実際にどんなものが「知的財産」となるのかあまり知らない方が多いです。 

「著作権が~」「肖像権が~」とか言う人も、実は中身を知らない場合がほとんどです。 

今回はこの「知的財産権」について見てきたいと思います。 

知的財産とは 

知的財産基本法(http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/hourei/kihon.html)にもありますが、発明、植物の新品種、意匠、著作物などの人間の創造的活動によって生み出されたものや商標や営業秘密などの情報です。 

「知的財産権」と一言で表していますが、細かく見ていくとそれぞれのものや情報に応じて種類があります。 

知的財産権の種類はこれだけある 

知的財産権には大きく分けると2つあります。 

創作意欲の促進を目的とした「知的創造物についての権利」、 

商標や商号などの使用者の信用維持を目的とした「営業上の標識についての権利」 

です。 

知的創造物についての権利 

特許権 

特許権は「特許法」という法律が定められています。 

発明の独占的な実施を国に保証してもらえる権利です。 

特許権の存続期間は特許申請の日から最長20年とされています。 

特許権者は20年間、特許を取得した発明に関する製品を独占的に製造・販売していくことが可能となります。 

これにより、模倣して作られた製品を安く販売されたり、競争に参入されることを防ぐことができます。 

実用新案権 

実用新案権は「実用新案法」で守られた権利です。 

物品の形状や構造、組み合わせに関する考案を保護する権利です。 

考案とは、自然法則を利用した技術的思想の創作です。 

特許とは違い、高度なものは必要としません。 

発明品にちょっと工夫を加えて使いやすくしたものと考えるとわかりやすいかもしれません。 

鉛筆という発明品に消しゴムをつける、持ちやすいように角をつけるといった感じです。 

実用新案権は出願の日から10年間存続します。 

意匠権 

意匠権は、製品や商品のデザインについて独占権を認める制度です。 

悪質な偽物やコピー商品、類似商品などの模倣品対策に効果を発揮します。 

特許庁への登録が必要です。 

最近だと、「鬼滅の刃」の模倣品やそれに準ずる商品がたくさん出てきて話題となりましたね。 

存続期間は出願の日から最長で25年となっています。 

著作権 

著作権は、作品を創作した人が有する権利です。 

作品がどう使われるかを決めることができます。 

作者の思想や感情が表現された文芸・美術・音楽などを著作物といい、それを作った人を著作者といいます。 

特に申請はいりません。 

保護期間は著作者の生存年間及び死後70年間です。 

回路配置利用権 

回路配置利用権は半導体集積回路の回路素子や導線の配置パターンについて、その創作者に認められる権利です。 

存続期間は10年です。 

育成者権 

育苗法にある、植物の新たな品種に対して与えられる権利です。 

品種登録の日から25年(木本性の植物は30年)です。 

営業秘密 

不正競争防止法で定められています。 

秘密として管理されている生産方法、販売方法、その他の事業活動に有用な技術上又は営業上情報であり、公然と知られていないものです。 

営業上の標識についての権利 

商標権 

商標権は商品やサービスについた目印である商標を保護することを目的とする権利です。 

手続きが必要です。 

商品ロゴや名称などです。 

設定から10年間は存続できます。また、更新することができます。 

商号 

商号とは会社の名前です。 

法務局に登録した商号が正式名称となります。 

商標権と同じく10年ごとに更新していくことができます。 

産業財産権 

特許権、実用新案権、意匠権及び商標権の4つを「産業財産権」といい、特許庁が所管しています。 

まとめ 

知的財産権といっても、その種類は保護する対象によってさまざまです。 

知っていれば申請していた、もともと自分が考えていた商品が売られていた、ということにならないように、知的財産権について知っておくといいですね。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました