タンパク質はダイエットに最適?今すぐ健康を手に入れる6つの豆知識

皆さんはダイエットをしたことがありますか?

炭水化物や脂質を抑えた食事制限ダイエット、運動で減らすトレーニングダイエットなどを経験している方も少なくないのではないでしょうか。

いろんな方法があると思いますが、実は食事やトレーニングだけでは素敵な体は作れません。

減らすだけでなく、摂取することもダイエットにつながります。

今回は、その摂取すべき栄養素のひとつであるタンパク質について解説していきます。

タンパク質とは 

私たちの体はほとんどが水分でできています。 

そして、その次がタンパク質、脂質と続いていきます。 

タンパク質の主な働きとして筋肉や臓器などの体、ホルモンや酵素、免疫物質などを作るなどがあります。 

つまり、タンパク質を摂取することで、私たちのこの体はつくられているということです。 

体のタンパク質はこうなる 

私たちの体は日々つくりかえられています。 

タンパク質も例外ではありません。 

髪や爪が伸びるように、筋肉や臓器も毎日合成と分解が繰り返されています。 

分解された老廃物は、汗や排泄物として外に出ていき、食事によって新たにタンパク質を摂取し、体が作られていきます。 

体に必要なタンパク質は年齢や体重によって違いますので、自分の必要な量を調べて毎日摂取できるようにしていきましょう。 

タンパク質が足りなくなると・・・ 

タンパク質が足りなくなると、筋力が衰えたり、体の機能低下を引き起こしたりします。 

また、それによって体調を崩しやすくなることもあります。 

タンパク質は、筋力をつけるためのトレーニングや体脂肪を落とすためのランニングなどでも分解されてしまいます。 

その分、新たなタンパク質を摂取する必要があります。 

ダイエットや体脂肪を減らすために、肉や魚などを控えるとタンパク質の不足につながる場合があります。 

また、年齢があがって食事の量が少なくなって、タンパク質の不足を招くこともあります。 

不足しないようにきちんと補ってあげることが大切です。 

タンパク質の過剰摂取は・・・ 

タンパク質は、糖質と同様に1gあたり4kcalのエネルギーが含まれています。 

これは、炭水化物と同じエネルギーの量になります。 

必要量以上取り過ぎると、エネルギーとして体に蓄えられてしまったり、肝臓や腎臓に負担をかけてしまったりといった問題が出てきます。 

食事のバランスを考えて摂取するように心がけましょう。 

タンパク質と食事 

タンパク質は1日3回の食事で均等に摂取するとベストです。 

食べるものとしては、体が必要とする必須アミノ酸を多く含み、良質のたんぱく質のある食材を選びましょう。 

タンパク質は、肉類・魚類・卵類・大豆製品・乳製品などに多く含まれてきます。 

タンパク質にも植物性のものと動物性のものがあります。両方をバランスよく摂取することで、合成反応を高めることができるといわれています。 

毎日の食卓でのバランスを確認してみましょう。 

ただし、メニューによっては糖質や脂質の過剰摂取につながるので、調理方法も検討していくとよいでしょう。 

タンパク質にアミノ酸 

体をつくるタンパク質は、20種類のアミノ酸が結合してできています。 

このうち、9種類は必須アミノ酸と呼ばれ、体内で合成することができないので、食事で摂取する必要があります。 

アミノ酸の種類によって体への働きは様々ですが、体の中で大切な役割を果たしています。 

これらも不足しないように摂取していきましょう。 

まとめ 

タンパク質は私たちの体を作るために必要不可欠な栄養素です。 

自分に合った量をバランスよく摂取できるように日々の食事を見直していきましょう。 

これだけで、体調が整い、動きやすい体を作るための手助けになります。 

また、ダイエットにも効果的なので、ぜひ食事の改善を実践してみましょう。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました