いい食品を選ぶ理由!5つの意識で健康な生活を手に入れるコツを解説

みなさんは食べ物を選ぶときにどのようなことを意識していますか? 

食事は私たちにとって必要不可欠な活動のひとつです。

 

昔と違い、食の質も量もよくなり、食に対しての考え方も変わってきています。 

しかし、ただ食べればいいというものではありません。

食べ物は自分の体の中に直接入ってきて、体を作ってくれるものです。 

これからお話しする5つの意識をもつことで、健康な生活を手に入れることができます。 

それでは、みていきましょう。 

質の良い食べ物を選ぶ 

 安全・安心な食べ物を食べるためには、まずは材料が大事です。 

 どんな栄養素があるのか、体にとって何がいいのかをよく考えて選択していくとよいでしょう。 

 現在出回っている食材のほとんどは、農薬を使っていたり、おいしくするための品種改良などがなされています。 

 確かに量も増やせますし、味も良いものが多いです。しかし、大切なのはその中にどのような栄養が含まれているかです。 

健康のためにも考えてから選ぶように意識しましょう。 

食べ物の原材料 

質の良い材料を購入して、家庭で手作りをする。 

昔はそれでもやっていけましたが、忙しい現代ではそうもいきません。 

そこで、時短や手軽さを求めてたくさんの加工食品が販売されています。 

そのような食べ物の原材料は、加工食品のラベルを見ればわかります。 

加工食品は確かに便利で手軽ですが、さまざまな添加物を加える場合があります。 

加工食品は遠方の工場で作られていることがあり、そこからお店に運ばれて棚に 並ぶまでには、かなりの時間を要します。 

何もしない状態だと、時間が経つことで油の酸化が進んだり、食品自体の色が変色してしまったりすることがあります。 

そこで使うのが添加物です。

 

安全・安心に食べ物を供給するのには便利ですが、健康へのリスクも上がります。 

原材料を意識して、できるだけ添加物の少ない食べ物を選択していきましょう。 

食べ物を食べるまでの時間 

加工食品のみならず、食べ物の鮮度や状態はその食べ物を食べる時間も影響します。 

食べ物によっておいしく頂ける時期や時間が違います。

 

食べ物を食べるまでの時間を意識して、食材や加工食品の購入をしていきましょう。 

旬の食べ物をいただく 

旬の食べ物は桁違いに栄養素がよいです。 

その時、その季節に合っている食材というものは、その時期が一番成長度合いがよいのです。 

最高の環境で育った食材を使って、適した調理や加工をすることで、栄養素もより効率的に摂取することができます。 

食べ物の旬を意識していきましょう。 

食べ物の加工の度合いを少なくする 

食べ物は加工すればするほど栄養素が逃げていきます。 

もともとあった栄養素が熱を加えることで変質したり、水にさらすことで流れ出してしまったりすることがあります。 

また、加工食品であると、そこに至るまでの間にどのくらいの加工や工程があるかで、栄養の量も変わってきます。

もちろん、添加物などの体に不要なものも使うことがあります。 

おいしいだけでなく、素材の栄養素を最大限生かせる調理・加工方法をいしきしていきましょう。 

まとめ 

食べ物はおいしいだけでなく、どのくらいの栄養が取れるのか大事です。 

安全で健康な生活ができるように、食事の意識を高めていきましょう。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました