リサイクルは本当は環境に悪い?SDGsに向けた3Rの正しい知識

リサイクルは本当は環境に悪い?SDGsに向けた3Rの正しい知識 

リサイクルという言葉は誰しもが聞いたことがあると思います。 

ゴミを分別して出すことによってそれを再資源化し、新たな製品をつくることを指します。 

でもこのリサイクル、本当に環境に優しいのでしょうか。 

今回はリサイクルにリデュース、リユースを加えた3Rについて考えていきましょう。 

3Rとは 

3Rとは、先ほども述べたように「リデュース」「リユース」「リサイクル」の3つを指します。 

この3Rで一番なじみが深いのが「リサイクル」ですが、リサイクルよりもリデュース・リユースを考えていくことの方がはるかに大切です。それぞれについての説明とメリット・デメリットについてみていきましょう。 

リデュース 

リデュースは製品をつくるときに使う資源の量を少なくしたり、製作時の廃棄物を少なくしたりすること、丈夫で長持ちする製品の製作やメンテナンスをあらかじめ計画しておくことです。 

メリット 

製作の際に出た廃棄物を少なくすることで、ゴミを少なくし、環境への負担が軽くなると考えられています。 

また、そもそもの資源の使用量を減らすので、資源の枯渇を遅らせることができます。 

デメリット 

製作のための設計やゴミを捨てるまでのプロセス、その後の環境への負荷までの計画を綿密にたてなくてはならないので、時間がかかります。 

また、そのためのコストがかかります。 

資源の使用量を減らすだけでゼロにできるわけではないので、環境への負担軽減はできますがなくすことはできません。 

リユース 

リユースは製品をそのままの形で利用することです。 

例えばビンです。 

ジャムやはちみつなどが入っていたビンに別のものを入れて再利用する、といったようなことを指します。 

壊れたものを修理したり、安全に使えるか検査したりすることもリユースの取り組みのひとつです。 

メリット 

作られた製品をそのまま利用するので環境の負担がほとんどありません。 

何度も繰り返し利用することで、環境への負荷をなくします。 

デメリット 

衛生面に不安が残る場合があります。 

洗いにくい製品だと、そこに汚れがたまってしまう可能性は捨てきれません。 

また、修理するのに技術が必要なものがあり、資源やお金などのコストがかかります。 

リサイクル 

廃棄物を原材料やエネルギー源として利用することです。 

再資源化できるものは新たに別の製品を作るための資源として利用できます。 

また、どうしても再資源化が難しいものは燃やしてエネルギー源として活用していきます。 

メリット 

使ったものの再資源化なので、ゴミの排出量が減り、資源の使用量を減らすことができます。 

また、発電などのエネルギー源として利用もできます。 

デメリット 

再資源化のためには製品の材料として再資源化できるものを使って製品をつくらなくてはならないです。 

また、リサイクルをするためにもさまざまなコストがかかるので、普通に自然にある資源を使った製品よりも値段が高くなってしまいます。 

また、やり方によってはリサイクルの方が環境への負荷を与えてしまう可能性があります。 

3Rよりも大事なこと 

一番大事なことは、わたしたちひとりひとりが製品の材料などの資源やそれをどう使うのかを考えて利用することです。 

例えば洋服。 

単純に「布だから燃える」「土に還る」と考えていませんか? 

私たちの洋服は「石油」からできているものがほとんどです。 

理由としては、「材料の値段が安く、加工しやすく、手に入りやすい」からです。 

タグや販売店の商品を見てみるとわかりますが、レーヨンやポリエステル、ポリウレタンなどが多いです。 

ぬいぐるみに入れている綿ですら「木綿」ではなく化学的に作られた製品です。 

これらの「原油」を利用してつくられた製品は燃えると有害なガスを出し、埋めても土には還りません。 

環境について語るのであれば、今の自分の生活を見直すことがまず必要です。 

まとめ 

「3R」の考え方はとても素晴らしいものです。 

しかし、実際に行っていることは・・・と考えると、なんとも言えません。 

いきなりその材料を使った製品をつくってはいけないと言われても無理です。 

私たちができることは、「正しい知識をもち、ものを大切につかうこと」です。 

ちょっとした心がけが、SDGsを実現可能にするためのカギです。 

できることを少しでもやって、今の生活水準を落とさないようにしていきたいですね。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました