情報通信ネットワークはどうつながっているのか

「ネットワーク」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 

日本語に直すと、「○○網」というような訳ができます。 

電気であれば「情報網」、道路であれば「道路網」といったように、つながりを表す言葉として使われています。 

今回は情報機器をつなぐネットワーク「情報網」についてお話しをしていきます。

情報のやり取りをする「情報通信ネットワーク」 

コンピュータやハードウェアを接続して、情報のやりとりができるネットワークを「情報通信ネットワーク」といいます。 

複数のコンピュータやハードウェアなどを接続すると、ネットワークを構成することができます。 

ネットワークを構成すると、コンピュータ同士やハードウェアとデータのやりとりができるようになります。 

ネットワークの構成には、ケーブルを使って有線で接続する方法とWi-Fiなど無線で接続する方法があります。 

最近では、家電を動かすこともできるものが増えてきました。

範囲によって呼び方が変わるネットワーク

ネットワークはその使用範囲によって呼び方が変わってきます。

LAN(ローカルエリアネットワーク)

家庭や社内など、限られた範囲にあるハードウェアを、ハブやルータなどを使って接続したネットワークを「LAN(ローカルエリアネットワーク)」といいます。 

家庭内であれば、プリンタや家電製品とのデータのやりとりがLANになります。 

最近では、スマホ1つで家電製品のスイッチを押すようなアプリケーションもありますね。 

WAN(ワイドエリアネットワーク)

LAN同士を通信回線でつなげることで、より広いネットワークを構成したものを「WAN(ワイドエリアネットワーク)」といいます。 

インターネット

インターネットは世界中のネットワークをお互いに接続しあったものです。 

インターネットに接続することで、世界中のコンピュータとのやりとりが可能になります。 

ただし、インターネットを利用するためには、「プロバイダ」と呼ばれるインターネットに接続するためのサービスを提供する会社との契約が必要です。 

プロバイダ契約することで、インターネットに接続するための番号を割り当てられることができます。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました