暑い夏には「おかゆ」が1番!老化防止と免疫力アップにも効果あり!

夏の風邪、嫌ですよねぇ。

特に夏は暑さや冷房などによって
免疫力が下がっている場合が
あります。

夏バテで食欲がない。
食べ過ぎて胃もたれがする。

そんな時には「おかゆ」
食べましょう。


実は、おかゆには素晴らしい
効果があるんですよ。

「おかゆはおいしくない」
「水っぽいからいやだ」

といって食わず嫌いだと、

免疫力が落ちたままになり、

風邪をひきやすくなり、

病気が悪化してしまう。

なんてことにもなるかも
しれませんよ。

おかゆを食べることの
メリットについて知ることで、


からだの免疫力が上がり、

老化防止にもつながる。

健康的な生活ができる!!

私は30代ですが、
これからの体のことを考えて
生活習慣や食生活を見直し、
老化防止をしています。

時間が経つにつれて
老化は進んでいくので、
今からでもこの方法
試してみてください。


それでは解説します。

おかゆは万能な健康食!

おかゆはご飯と同じ要領で、
多めの水で米から炊いた食品です。

お米から炊くものを「炊きがゆ」
ご飯から炊くものを「入れがゆ」
と区別します。


また、おかゆの上澄み液は「おもゆ」
といって、病み上がりなどに
重宝します。

炊きあがってから時間が経つと
糊状になってきます。

おかゆのメリットとは

お粥は昔から体に良いとされています。

禅の教えの中にも「粥有十利」という
おかゆには次のような10の効果がある
とされてきました。

粥有十利(しゅうゆうじり)

一 色(しき)
     =血色を良くする
二 力(りき)
     =力がみなぎる
三 寿(じゅ)
     =寿命を延ばす
四 楽(らく)
     =苦痛がない
五 詞清弁(ししょうべん)
     =言葉がはっきりする
六 宿食(しゅくじき)を除く
     =胸のつかえが治る
七 風(ふう)を除く
     =風邪が治る
八 飢(うえ)を消す
     =空腹が癒える
九 渇(かつ)を消す
     =のどの渇きが消える
十 大小便調適(てき)す
     =大小便の通じが良くなる

十の功徳があると道元禅師が
『僧祇律(そうぎりつ)』 という仏典から
引用されたものです。

おかゆのパワー、侮れないですね!

朝に食べるとよいらしく、
今でもお寺さんの中にも
朝がゆを食べる風習が
あるようです。


でも本当にこんな効果が出るのか
疑問ですよね?

どうしてこんな効果があると
言われてきたのかを解説していきます。

体の不調がなくなるおかゆ

人間の体には、体内で不要になった
老廃物や有害化学物質、有害ミネラル
といった毒素が知らないうちに
溜まってきています。

これらのものは便や尿、汗などから
排出されます。

おかゆにはたくさんの水分
含まれています。


水分は毒素の流れをスムーズ
してくれるので、体の中の
毒素を排出するためには
必要不可欠です。

しかも、温かいおかゆを食べることで
血行もよくなり、汗をかきやすく
なります。

さらに、消化が良いためお通じも
良くなり、胃腸にも優しいです。

これだけの条件がそろえば、
毒素を排出するデトックス作用
健康に良いとされる理由も
納得ができますね!

美容にもいいおかゆ

美容にもいいというのはなぜかというと、
胃腸にやさしく、過度な刺激を
与えない、ということが重要です。

胃の負担が減り、
状態が良くなることで、
胃のストレスが軽減されて
美肌に効果があるということです。

また、暖かいお粥を食べることで
血行を促進し、むくみやくすみを
軽減して顔色がよくなる
といった
効果もあります。

さきほどのデトックス効果と
合わせることで、お肌つやつや!


温かいおかゆで基礎代謝も上がり、
健康に美しくなれる!!

最高ですよね!

ダイエットにもおかゆが有効!

デトックス効果、美容効果ときて、
さらにダイエット効果も期待できます

まず、おかゆは普通に炊くご飯よりも
少ない米で作れるため、比例して
カロリーも少なくなります。

糖質制限ダイエットというのを
聞いたことがあると思いますが、
全くとらないのも問題です。


むしろ過度な糖質制限は
逆に太りやすい体質を
作ってしまう
ことがあります。

ご飯をおかゆに変えることで、
カロリーも抑えることができ、
満腹感も出るので最適です。

食事制限でのストレスからも
解放されるので、精神的な
負担も軽くなります。


ストレスがたまると体にも
負担がかかり、過食拒食
原因にもなりかねません。

また、野菜と組み合わせることによって
デトックス効果をさらに
高めることができます。


これにより、満腹感を得るだけでなく
身体の毒素を抜き、
精神的にも安定させる
といった
相乗効果が生まれます。

さらに!

温かいおかゆのおかげで
基礎代謝が上がり、
効率よくカロリーを
燃やしてくれる
おまけつきです!

おかゆのデメリット

さて、こんなに最高なおかゆですが、
デメリットもあります。

おかゆは咀嚼しにくい

ご飯よりも柔らかいので
咀嚼をする回数が極端に
減ってしまいます。

健康のためにもカミカミするのは
とても大切です。
噛む回数を意識しないといけません。

改善策としては、
野菜と一緒に食べたり、
付け合わせと一緒に食べると
咀嚼回数が自然と増えます。

おかゆ単体では効果がうすい

おかゆは確かに消化吸収が
良いですが、栄養価としては
炭水化物しかありません。

単体で食べるよりも、
体調に合わせた
おかずと一緒に食べること
大切です。

おかゆを食べて元気100倍!

いかがでしたか?

おかゆの素晴らしさ
今回の記事を読むことで
わかっていただけたと思います。


ちょっとした工夫をすれば、
さらに体にいい食べ物になります。

トッピングを変えてあげれば
ただおかゆを食べるよりも
おいしくいただけますし、
栄養もアップします。

さまざまなレシピにチャレンジ
してみるのもいいかもしれません。

今回の記事を読んだあなた。


ぜひおかゆを作って
食べてみて下さい。

せっかくここまで見て頂いたので
その効果を実際に
体験してもらいたいのです!


体調が優れなかったり、

食欲がなかったり、

美容や健康が気になったり、

そんな方にはぜひ試して
頂きたいです。

継続して食していただければ、
身体がすっきりとして、

お肌もつやつや、

気持ちも軽やかに。

それを実際に体験することが
できます。

明日からでも始めて
みませんか?


アンチエイジングは
早ければ早いほうが
効果が上がります。

毎日続けて健康に。

あなたのその行動が
未来のあなたを変えていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました