危険なダイエット!痩せる&太る原因と不安を解消する健康的生活とは

生活の中で誰もが気にしている「体型」 

特に肥満であるというのは気になる方が多いのではないでしょうか。 

単純にダイエットといっても、痩せることを目標にしてはいけません。 

健康的に目指したスタイルを保つことが一番のダイエットです。 

もし、何も知らないままにダイエットをしたり、間違った情報を信じたままダイエットをしたりすると、体の中がボロボロになり、思っていた通りのスタイルにもなれず、精神的にも身体的にも不健康な生活になってしまうかもしれません。 

そんなことになる前に、この記事を見て正しいダイエット方法を身につけて、健康的に美しいスタイルを目指していきましょう。 

ダイエットとは 

そもそも、みなさんはどうして痩せたい、太りたいという気持ちが出てくるのか考えたことがあるでしょうか。 

きっと、今の自分の体型に満足していないからではないでしょうか。 

周りからの目が気になる、人に褒められたいなどの精神的なものもあると思います。 

ではダイエットとはなんでしょう。 

現在の日本では、ダイエットと聞くと食事を減らしたり、運動をしたりして痩せるというとてもきつそうなイメージがあります。 

インターネットで調べると、やれ食事制限、やれ体重を落とすだの書いてありますが、それは大きな間違いです。 

ダイエットの本来の意味は、健康や美容を維持するための日常的な食生活のことを指します。 

つまり、日ごろの食事のとり方や食べることによる健康管理のことを「ダイエット」と呼ぶのです。 

毎日の食生活を見直すことがダイエット成功の近道となるのです。 

痩せる&太る原因とダイエット 

私たちが理想としている体型になれない理由として様々な要因が考えられます。 

ひとりひとりの体のつくりであったり、これまでの生活習慣や食生活に問題があったりします。 

また、精神的なコンプレックスやストレスによる拒食症・過食症などが考えられます。 

もちろん、遺伝的なものもあるでしょう。 

ここで一番大事なのは、「自分を知る」ことです。 

人と同じことをしていても、同じように健康的な体型になるとは限りません。 

自分自身のことを知ることで、よりよい食生活や生活習慣についての改善方法をしることができるのです。 

健康的な生活のために 

痩せるために運動する、痩せるために食事制限をするといった間違ったダイエットは健康を害するだけで何も得はありません。 

きちんとやるべきことを明確にして、それに沿って行動することが大事です。 

生活習慣の改善 

健康的な生活を送るために一番大切なのは、生活習慣の改善です。 

特に食べ物は直接体の中に入ってくるので、私たちの健康にそのまま影響してきます。 

もちろん、自分の理想とする筋力や日常生活に問題のないぐらいの運動機能を得るためにはそれ相応の運動も必要です。 

自分の身体は、数日間で変化させることは不可能です。 

無理のない範囲で、日ごろの生活習慣を少しずつ変えていくことが、健康的な生活の第一歩になります。 

ダイエットの目標・目的を明確に 

次はダイエットで手に入れたいものを考えてみましょう。 

私たちは、ダイエットをすることでいったい何がしたいのか、ということです。 

漠然とした目標を立てて行っても、やり過ぎてしまったり、諦めてしまったりする可能性が高くなるだけです。 

いつまでに、どこで、どのように、どんな方法で、どのくらいということを考えていきましょう。 

まずは、漠然としたものでも構いません。 

少しずつ計画を練っていきましょう。 

ダイエットは継続すべし 

目標や目的が明確になったら、それを維持するための方法を考えていきましょう。 

日ごろの生活習慣を改善し、それを継続していくことが成功につながります。 

そのために、自分に合った方法やできる健康的な食事制限を決めていきましょう。 

ここで大切なのは、無理なく毎日継続できる方法であるということです。 

1日10㎞走る、筋トレを30分毎日行うなんて、ずぼらで面倒くさがりな私は到底できません。 

もちろん、そうなることが目標であればやらざるを得ませんが、そうでなければもっと簡単な方法を選びます。 

無理なく、それでも今の生活とは少し変えていくように、うまく折り合いをつけて継続できるようにしていきましょう。 

まとめ 

理想の体型になるためには、生活習慣を変えて継続していくことが一番の近道であり、維持できる方法です。 

期限や高すぎる目標がなければ、それだけでもだいぶ変わります。 

まずはやってみること。 

目標や方法を考え、実行し、続けていくこと。 

それだけで、理想の体型になるための正しいダイエットができるようになります。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました