どれがいいの?マイクの種類と使う場面に合わせた選び方【雑学】

「マイク」と聞いてどんなものを思い浮かべるでしょうか?

テレビの司会者がよく持っているマイク?
ラジオパーソナリティなどが使っているマイク?
それともテレビの撮影で使っているマイク?


一言でマイクといってもたくさんあります。

この記事はその種類と選び方を説明していきます。

マイクの構造は大きく分けて2つ

「マイク」には、その音を伝える構造が大きく分けて2つのものがあります。

この違いによって音質や値段も変わってきます。

ダイナミックマイク

普段よく見るマイクに使われているのはこれが多いのではないでしょうか。

振動版が振動し、磁界の中をコイルが動くことで、音が電気信号になるという単純な仕組みのマイクです。

身の回りのスピーカーと同じ方式が利用されています。

コンデンサマイクに比べて安価で衝撃に強いので、ハンドマイクはこの方法が多いです。

ただ、ノイズや周囲の音が入りやすいなど、音質は劣ります。

どちらかというと、司会など動いて使わざるを得ない場所での利用が多いです。

メリット
・湿気や衝撃に強い
・ハウリングにも強い
・値段が安い

デメリット
・音質が悪い
・集音性能が悪い

コンデンサマイク

コンデンサマイクは、ダイナミックマイクとは真逆で、高音質の音が録れます。

値段としては、高額なものが多く、別途ファンタム電源が必要です。

また、湿気や衝撃にも弱いので、レコーディングやスタジオなど、固定して使う場面で重宝します。

動画配信などで使うマイクもこちらが多いですね。

音楽ライブなどに特化したコンデンサマイクもあります。

メリット
・高音質で音が録れる

デメリット
・値段が高い
・湿気や衝撃に弱い

マイクには「指向性」がある

構造によって音質の違いがあることはわかりました。

「これだけ知ってればいいや」

なんて思っていませんか?

じつはマイクには「指向性」があるんです。

指向性とは、
「マイクの音を拾う方向」
のことです。

これを知らないで適当にマイクを買ってしまうと、自分がほしい音以外の音が入ってきてしまう可能性が上がります。

また、音質にも少なからず影響が出ます。

無指向性

無指向性のマイクは、すべての方向から同じ感度で収音するというものです。その指向性を図で表すと円のような形になります。

無指向性マイクは、近くにいる人全員の声を拾います。

なので、その場の様子やがやがやした感じを録るのには向いていますが、誰かの声を優先的に録るには向いていません。

単一方向性

単一方向性のマイクは、その名の通りひとつの方向からの感度が特に高くなっているものです。

無指向性のものと違い、ある声を優先的に録りたい場合に使用します。

このタイプにはいくつかの種類があります。

カーディオイド

単一指向性の中で最も一般的なものが、カーディオイドです。

カーディオイドは心臓の形を意味する言葉で、図で示した時にハートが逆になったような形になることから名付けられました。

イメージしていただければわかると思いますが、マイクの正面からの音に対して最も感度が高く、背面からの音に対しては最も感度が低くなります。

ピックアップ角度はおよそ131度と広くなっています。

ワイドカーディオイド

サブカーディオイドとも呼ばれます。指向性は無指向性よりは少し狭く、カーディオイドよりわずかに広くなっています。

図で見ると角のとれたおにぎりのような形です。

カーディオイドは背面に対する感度がかなり低くなっています。そのかわり、正面からの音をより広く録ることができます。

スーパーカーディオイド

スーパーカーディオイドは、カーディオイドよりもピックアップ角度が狭く、横からの音を遮断、マイクの背面にある音源に対して少し感度が高いといった特徴があります。

使用する人は、正面から音を録ることを意識する必要があります。

ハイパーカーディオイド

ハイパーカーディオイドは、次に説明する双指向性のマイクの性質が少し入っています。

背面に対する感度がスーパーカーディオイドよりも強くなっています。

側面からの音の遮断に非常に優れていますが、指向性がとても高いので、音源に対するマイク配置は正確に行わなくてはなりません。

双指向性

フィギュア8とも呼ばれています。このタイプは、マイクの正面及び背面からの音に対して同じ感度を持ち、側面からの音に対して感度が低くなっています。

ピックアップの角度はとても狭く、マイクの背面からノイズが入らない限り、ほかの音源に囲まれた中でも優先的に録りたい音を録ることができます。また、向かい合った2つの音源から音を録ることも可能です。

超指向性

テレビの取材でよく見られるショットガンマイク。

それに使われていることが多いのがこの超指向性です。

正面の音に対しての感度がかなり高いものとなっています。

その分、周囲の音は完全に遮断されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました