集団キャンプに必要なもの!楽しめるアイテムや使えるギアをチェック

行楽の季節になると行きたくなるのがキャンプ。

家族や友達と共に日々の忙しさやストレスを忘れ、自然の中で楽しく過ごしたいですよね。

でも、キャンプって難しそう、何をもっていけばいいかわからない。

そんなあなたのために、キャンプに役立つ持ち物をご紹介します。

キャンプ道具を持っていないけど、キャンプに行ってみたい。

キャンプにこれだけは持っていこう!

キャンプをするにあたって、「これだけは持っていきたい」持ち物です。

むしろ、これがないとキャンプとは言えないんじゃないかというぐらいのものなので、チェックしておきましょう。

キャンプといえばテント

泊りがけのキャンプには絶対必須アイテムが「テント」です。

寝泊りをする他、荷物置き場として利用ができます。

止まる人数よりもワンサイズおおきめのテントを用意すると、中を広々と使えます。

手軽にレンタルもできるテント

テントにもいろんな種類がありますが、初心者の方は組み立てやすい簡単な構造のテントを使用することをお勧めします。

設営も簡単で、余計なストレスがなくて済みます。

タープ

日帰りのBBQやちょっと気分を楽しみたい方、車中泊をする方などはこちら。

夏であれば日差しや雨風から守ってくれます。

テントが寝床ならば、タープは生活の場所、いわゆるリビングといったところです。

何をするにも役立つ必須アイテムです。

もちろん、泊りがけのキャンプにも持っていきましょう。

タープはキャンプの必需品!

寝袋(シュラフ)

キャンプ場で泊まる時には絶対欲しい寝袋。

たとえテントの中だとしても、キャンプ場の夜はかなり冷え込みます。

防寒のためにも必ず持っていきましょう。

私は一度、9月初めの富士山の頂上でどうしても外で寝ることになってしまった時、持っていてよかったアイテムのひとつです。

暑いなら脱げばよいので、寒さ対策はしていきましょう。

寝袋の種類によって暖かさが違うので、キャンプ場の夜の気温をよく確認してから選択しましょう。

びっくりするほど適温を保てる!

寝袋マット

寝る時に寝袋の下に敷くマットです。

初心者にありがちなのが、寝袋だけあればいいや、持ち物は少ない方がいいからといったよくわからない理論です。

そして、実際にやってみて気が付く地面の冷たさやごつごつとした感触。

せっかく落ち着いて寝たいのに眠れず、翌朝体中が痛いなんてこともあります。

この寝袋マットがあれば、そのような悩みを解決できることでしょう。

初心者の方には、安い、軽い、丈夫の3拍子揃ったポリウレタンタイプがオススメです。

より快適なキャンプ泊のために・・・

テーブルセット

食事をとる、ゆっくりとティータイムを楽しむなど、落ち着いた時間を過ごすためにテーブルやイスが必要になってきます。

ちょっとしたキャンプならば軽量コンパクトな折りたたみ式のテーブルセットがオススメです。

テーブルとイスがセットだと楽。

イスは背もたれのないものでも十分ですが、ひとりひとりでゆっくり座りたい場合には、背もたれのあるタイプを選ぶとよいでしょう。

テーブルとイスの高さが合うようにすると、より快適に過ごせますよ。

コンパクトでゆったり座れるのでオススメ!

キャンプのランプ「ランタン」

キャンプ場は自然の中なので明かりは少ないです。

特に、夜になるとランプがないと完全に真っ暗になります。

いろんな種類がありますが、慣れていない方はLEDのランタンを使うと便利です。

大人数でのキャンプ&スマホの充電が気になる方に

暖色系のランタンを使うとほんわかとして暖かい気持ちになれますよ。

慣れてきたらガス式やガソリン式などにもチャレンジしてみると楽しいですね。

キャンプの醍醐味に「バーベキューコンロ」

これがなくちゃキャンプじゃない!

そう、焚火とバーベキューです。

いろんな焚火台やBBQコンロはありますが、両方兼用で使えるものがあると便利です。

これがなくちゃキャンプじゃない!

昼間は楽しくバーベキューでワイワイと。

夜は寒さを焚火で心も体も暖かくしてくれるリラックスアイテム。

最高です。

キャンプで調理「調理器具」

キャンプでの調理に必要な調理器具を用意しましょう。

包丁やまな板、トングやお鍋・食器など、必要なものを最低限持っていくようにしましょう。

使い捨てのものもありますが、できるだけゴミを出さないように計画しておくと、帰りの荷物が減ってラクになりますよ。

ただし、洗い物厳禁なキャンプ場もあるので注意が必要です。

もちろん、ゴミは持ち帰り!マナーですよー。

衛生的にアメニティ

普段日常的に使っている歯ブラシや化粧品、常備薬など、もっていかないと困るものは忘れずに準備をしておきましょう。

キャンプ場では虫がいたり、思ったより肌にダメージがあったりするので、虫よけやお肌のケアをするものは必須です。

汗かきキャンプに「着替え」

キャンプでは自然の中で汗をかいたり、BBQのけむりをあびたりします。

お風呂に入った後や、寝る前には着替えができるように準備をしておきましょう。

汚れてもいい服や下着を最低限用意しておくとよいでしょう。

あると便利なキャンプグッズ

ここまで、絶対必須のアイテムをご紹介しました。

ここからは、もっていくとめっちゃ便利!

喜ばれること間違いなしのアイテムをご紹介していきます。

クーラーボックス

キャンプといえばバーベキュー。

BBQで使う食材が痛まなないようにしたいですよね。

また、大自然の中で飲むキンッキンに冷えたビール、最高ですよね。

【オンリースタイル最強冷え冷えセット】

そんなときのために、クーラーボックスを準備しておきましょう!

これがあれば、食材の保存がとても便利になります。

凍らせたペットボトルを入れておけば保冷剤代わりにもなり、かなり重宝します。

クーラーバッグ世界No.1ブランド「TITAN」正規代理店【SANCTUARY ONLINE STORE】

着火剤、ライター、軍手など

火を起こすのに使う着火剤やライターはあると本当に便利。

自然のものでやろうとするとかなりの時間がかかってしまうので、ぜひ持っていきましょう。

キャンプ用品のレンタルも

ここまで必要なものについてお話ししてきましたが、不安な場合にはレンタルを活用するのもひとつの手です。

初心者にも優しく、キャンプの方法や必要なものなどを丁寧に教えてくれます。

安心してキャンプに行くためには知っている人に教えてもらうのが一番です。

まとめ

今回はキャンプでの必需品についてご紹介しました。

キャンプは準備が大切です。

キャンプ場を事前にチェックしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました