Javascriptとは

プログラミングは知ってるけど、どんなことをやるのかわからない、英語ばっかりですごく難しそう。 

そんなイメージがあるプログラミングですが、そこまで難しくはありません。 

それぞれの命令の意味や用語がわかれば誰でも簡単に扱えるようになります。 

Javascriptについて 

Javascriptはブラウザ上でWebページに動きをつけるときに使用するプログラミング言語です。 

自動で画面を切り替えたり、ブラウザ上でゲームをしたりできますよね。 

そこで使われている主なものがこのJavascriptです。 

HTMLやCSSと組み合わせることによって、ブラウザだけで動的な表現ができるウェブサイトを作ることも可能になります。 

似たような名前に「Java」がありますが、これは似て非なるものです。 

Javaとの違い 

JavaScriptが生まれたのは意外と前のことで、インターネットが普及し始めた1990年代はじめです。当初は、別のブラウザ専用に開発され、名称はLiveScriptでした。その後企業との提携があり、今の名前に変わりました。 

このとき、提携先企業が開発し評判だったプログラミング言語が「Java」でした。これに合わせてか、LiveScriptからJavaScriptへと変更されました。 

詳しくはJavaとJavascriptの違いを参考にしてください。(記述中) 

特長 

ブラウザ上でWebページを表示する時に使用した場合、次のような特徴があります。 

・文字や画像などの表示で、変更や拡大・縮小が容易 

・フォームに文字を入力して送信できる 

・利用者の利用しているブラウザ上で利用できる 

といった特長があります。 

また、ブラウザでJavascriptのON・OFFができるので、望まない動きをするものを止めることができます。 

・Javascriptでできたアクセス解析の無効化 

・Javascriptでできた広告の非表示 

もちろん、これが有効だったときにできたこともできなくなりますので、注意が必要です。 

まとめ

HTMLとCSSだけでは、ウェブページに動きをつけることはできません。

しかし、このJavaScriptを使えばブラウザ上でゲームをしたり、広告を自動で切り替えたりすることができるようになります。

最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れてくれば普通に使えるプログラミング言語なので、学んでみてはいかがでしょうか♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました