HTMLのタイトルをつける方法!titleタグを使おう!

ホームページを見ていて、自分がいまどの場所にいるのかを確かめる簡単な方法のひとつとして、ウィンドウの上部にあるタグやリボンバーの名前を見る方法があります。 

このHTMLのタイトルを見ればどんなページを開いているのかがわかります。 

逆の立場で言えば、このタイトルがわかりやすくないと閲覧している人がいったいどこを開いているのかわからなくなってしまうということです。 

今回は、HTMLを使ってタイトルを記述していく方法について解説します。 

HTMLのタイトルのつけ方 

HTMLのタイトルは<head></head>の間に<title></title>を挟んで記述します。 

記述例 

<!DOCTYPE HTML>
<html>
<head>
<title>ここがタイトルになりますよ</title>
</head>
<body>
</body>
</html>

記述例のようにすると、ブラウザで表示したとき、上部のタイトルが「ここがタイトルになりますよ」となっています。 

どこだかわからない人は頑張って見つけてみてください。 

まちがいさがしみたいで楽しいですよ(;´・ω・)。 

このタイトルは、何もしない場合にはHTMLファイルの名前がそのまま表示されると思います。 

まとめ 

今回はHTMLでタイトルをつける方法を解説しました。 

titleタグを使えばいいだけなので、試してみてくださいね。 

ちなみに。 

2回使うと最初に記述した方が優先されるみたいですよ。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました