ハロウィンっていつ?なぜ仮装?起源や由来などの疑問解決!

ハロウィンが一般的に認知されるようになって久しい今日このごろ。

仮装をして街で楽しむ人。
家族でパーティをする人。
イタズラかお菓子かを無理やり選ばされるという鬼のようなイベント(笑)。

でも、楽しそうだけど、一体なんのお祭りだろうって疑問に思ったことはありませんか?

そもそもなんの意味があってやるものなのでしょうか?

今回はそんな疑問をスッキリさせていきましょう!

ハロウィンってなに?

ハロウィンってそもそも何かというと、毎年10月31日に行われている、古代ケルト人が起源と考えられているお祭りです。

「正しい説はこれだ!!」というのはありませんが、次の日の11月1日が「万聖節」と呼ばれる諸聖人の日であり、その前日である10月31日が「Heloow Eve」がなまってハロウィンになったというものや、19世紀頃にアメリカ合衆国のお祭りになったとか、正直突き詰めるだけ無駄な気がする説があります。

もっとざっくり言うと、ヨーロッパらへんのなんか知らんお祭りです。

とりあえず騒ぎたいだけ、騒いだもん勝ちだぜヒャッハー的な感覚があるお祭りですね。

ちなみに、11月2日は死者の日らしいですよ。
日本で言うお盆まつりみたいなもんですね。

ハロウィンでなんでかぼちゃ?ジャック・オー・ランタンとは?

ハロウィンって聞いてまず思い浮かぶのは、かぼちゃ彫って作ったランタンだと思います。

このランタン、ジャック・オー・ランタンとか言う大層な名前がついております。

「え?だれ!?なに!?なんで!?」

ですよね。

ジャック・オー・ランタンとは、アイルランドの物語に出てくる人物の名前が由来になっています。

物語をかんたんに説明すると、「ジャックという男が、悪魔だか悪霊だかを騙して地獄に落ちないという契約を取り付けたが、生前に悪いことばかりしていたせいで天国にも行けず、契約のせいで地獄にも行けず、悪魔だか悪霊だかにもらった石炭を火の元にして、萎びたカブをくり抜いてランタンにし、安住の地を求めてこの世を彷徨うこととなった。」というものです。



ここで、「おや?」と思うかもしれませんが、そうです、実は最初は「カブ」だったのです。

しかしながら、ハロウィンがアメリカに伝わってからかぼちゃになったようです。
なんでもアメリカではかぼちゃの生産が多かったからだとか。

スコットランドでは現在もカブを使っているみたいですよ。

怖い顔にくり抜いて、窓辺に飾ると魔除けになり、善霊を引き寄せて悪霊を怖がらせて追い払えるらしいですよ。

ハロウィンってなんでイタズラ?なんでお菓子?

ハロウィンといえばお菓子とイタズラ。

「トリック・オア・トリート」という言葉は有名ですよね。

魔女やモンスターに扮した子どもたちが街を練り歩き、玄関先でこの声かけをしてお菓子をねだる風習があります。

なんでお菓子!?
と思うかもしれませんが、実はお菓子には悪霊を払うなどの意味があるらしいです。

お菓子最強説。

ハロウィンで仮装ってなんでするの?

ハロウィンの日には子どもたちは仮装をして、「トリック・オア・トリート」の掛け声でやってきます。

なんで仮装をする必要があるのでしょう。

実は、仮装は魔除けの意味があるそうです。

ハロウィンには死後の世界から自分の祖先だけでなく、魔女や悪魔や悪霊やらも一緒に現れると言います。

そこで、悪霊や魔女などと同じ格好をすることで、仲間だと思わせて身を守っているそうですよ。

仮装にもきちんとした意味があるんですね。

でも、現在は楽しむという意味合いが強い気がします(;´Д`)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました