「脱炭素」って何?無理無謀な挑戦なの?どんな取り組み?考察しよう

最近よく聞く「脱炭素」。 

言葉だけを見てみると、「えっ、炭素なくすの!?」みたいな誤解をうけそうですよね。 

でもそういうことではありません。 

「息しちゃいけない」とかそんなレベルの問題ではないので安心してください。 

ではどういったことが「脱炭素」になるのか、そして実現可能なのかを考察していきたいと思います。 

そもそも脱炭素ってなに? 

「脱炭素」は地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出を防ぐために、石油や石炭などの化石燃料から脱却することを指します。 

これまで私たちは石油や石炭を燃焼させ、電気をつくったりものを動かしたりするなどのエネルギー源として利用してきました。 

しかし、このままの状態が続くと世界中の気候変動や地球温暖化を促進させてしまいます。 

そこで、太陽光やバイオマスなどの再生可能エネルギーの利用を進めるなど、社会全体を低炭素化する努力し続けていくことが「脱炭素社会」です。 

まったくのゼロにするということはありません。 

実現のために必要なこと 

まず、ひとりひとりにできることは「省エネ」です。 

エネルギー源としての石油や石炭が問題なので、エネルギーの使用量自体を減らしていくことが脱炭素社会に向けて必須となってきます。 

必要のないものは買わない・つくらない、ものを大切に使う、といった取り組みや電気や生活用水などの利用を減らすなどの取り組みをしていくことが大切です。 

また、社会全体の取り組みとしては、再生可能エネルギーの利用、CO2の排出を抑える、またはゼロにする製品の設計・製作などの取り組みが欠かせません。 

すべての人や企業など、社会全体が意識して行わなかればなりません。 

ここからは考察 

脱炭素は実現可能? 

脱炭素に向けての取り組みはすでに始まりつつありますが、実際に可能かどうか、そして、社会にどんな影響を与えそうかを考察していきたいと思います。あくまで個人の意見です。 

ひとりひとりが意識して続けられるか? 

ひとりひとりに呼びかけたとしても、実際にやってくれるとは限りません。なので100%は無理だと考えます。 

良くて8割、悪くて4割ぐらいではないでしょうか(根拠はありません(;´・ω・))。 

そして、人は慣れてくるとやらなくなります。そうなってくるとさらに省エネや省資源に取り組む人は減るでしょう。 

ずっと意識し続けるためには継続的な呼びかけが必要になってきます。 

基本的に人は自分やそのまわりの環境が良ければすべてよしなので、自分に関わりがなければ全く意識しません。 

個人レベルでの脱炭素に向けた取り組みは一時的には効果が出ますが、時間が経つにつれてもとに戻ってくると考えます。ほぼ無理と考えてよいでしょう。 

企業レベルの取り組み 

企業レベルの脱炭素への取り組みは期待できます。 

そもそも、やりましょうと言われている時点でやらざるを得ない立場に立たされます。 

なので、企業の努力によって省エネが進んだり、製造過程での脱炭素をしたりするのは可能だと考えます。 

しかし、現在の技術レベルでは難しいというのが現状です。 

例えば、自動車産業です。 

これまで、効率の良いエンジンをつくるために努力してきたことが、「脱炭素」のために無に帰してしまう危険があります。確かにEV車やハイブリット車がありますが、これらについても新しく出てきた技術であり、まだまだ一般家庭に普及しているとは言いがたい状況です。 

また、経済的にも大きな損失になりかねません。 

新しい動力源をエネルギー源にするので、そもそもの中身が違います。 

すると、今まで部品を製造していた工場でも全く違った部品を大量につくっていくようになります。 

そのための機械の導入などにも経費が必要です。下請けの企業もやり方を変えていかなればいけません。 

一言で「脱炭素」といってやらせるのは簡単ですが、やる方は大変です。 

そのための方策を打ち出すことが脱炭素に近づくための近道だと考えます。 

逆に新しいことを始めようとするベンチャー企業にとってはビジネスチャンスと言えるかもしれません。 

社会規模の取り組み 

社会全体として取り組むために、「SDGs(持続可能な開発目標)」があります(別記事参照)。 

これを達成しようとすることは、「脱炭素」に向けた取り組みにもつながります。 

そもそもこれが脱炭素を提唱する元になっています。 

社会全体でやっていこうという動きはしています。 

しかし、実際にやるのは個人や企業の努力によります。 

確実に進めるためには、「やらなければならない状況」あるいは「やりたくなるような状況」をつくることが必要です。 

「やらなければならない」の部分では企業がかなりの努力をしているはずです。 

「やりたくなる」にするためには、それをした時に個人に対してお得な状況をつくってあげると良いと考えます。 

この「2つの心理状況」をつくることができる国や政府の判断が重要になってくると考えます。 

まとめ 

「脱炭素」は、一言でまとめるには課題が山積みです。 

しかし、これを目標として、あるいは実現をさせるという強い意志があれば達成することが可能となるかもしれません。 

そもそも、江戸時代とか原始時代の暮らしをすればいいのですが・・・そうもいきませんよね。 

今までの生活を継続していくためにも、新たな考えやスモールステップで進めるなどの方法で脱炭素を実現できるようにしていきたいですね。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました