あかちゃんの沐浴は必要?清潔に保つ方法と病気を防ぐ衛生管理のコツ

産まれてから1か月くらいまでは、あかちゃんはへその緒が取れていないため、大人とは別に衛生面に注意しながらベビーバスなどを使ってお風呂に入れます。この時期のあかちゃんは体の動きが活発で、汗をかきやすいため、1日1回は沐浴をして清潔を保ってあげることが必要です。 

今回は沐浴に必要なものや沐浴の方法についてお話ししていきます。

必要なバスグッズ 

ベビーバス・洗面器 

基本的には、ベビーバスを使用して沐浴を行います。ベビーバスにも種類がたくさんあり、シンクや洗面所で使えるタイプのものもあります。 

どうしても購入できない場合には、ベビーバスに限らずたらいのように代用できるものがあれば大丈夫です。 

生後約1か月程度までが目安ですが、大きな湯舟に入れるのが難しいと感じるのであれば、そのままベビーバスなどでの沐浴を続けても問題ありません。 

沐浴布 

入浴中の赤ちゃんの体を包むものです。あかちゃんの肌を考えて木綿やガーゼを用意しておきましょう。 

ガーゼのハンカチ 

あかちゃんの顔や体を洗うために使用します。 

ベビーソープ 

固形せっけんでもよいですが、泡で出るタイプのほうがすぐに使えて便利です。 

バスタオル・着替え 

あかちゃんの体をふいたり、くるんだりするときに使います。 

バスタオルは広げておいておくと楽にできます。 

床がびしょびしょになるのが不安であれば、ビニールシートなどを敷いておくとよいでしょう。 

その他 

綿棒やヘアブラシなど、あかちゃんの体にある水分をとったり、お鼻や耳をきれいにするときに使用します。 

着替えやバスタオルの近くに置いておくと便利ですね。 

沐浴の手順 

ベビーバスお湯を準備 

 お湯の温度は夏は37~39度、冬は38~40度くらいにしましょう。温度計があればきちんと測って確認しましょう。 

指先だとわかりにくい場合がありますので、腕や肘などを入れて確認してみるとよいでしょう。 

お湯の量はベビーバスの半分~2/3程度入れましょう。 

沐浴布をかける 

 お湯が準備できあたら、あかちゃんを服を脱がせて準備しておいたガーゼをかけます。 

左手はあかちゃんの首の後ろをしっかりとささえてあげましょう。 

赤ちゃんの耳は閉じなくてもよいですが、心配ならば首を支えている手の指で耳を閉じてあげましょう。 

その後、右手でおしりを支え、その状態で足からお湯の中に入れてあげます。 

沐浴布の上からお湯を流してあげましょう。 

顔を洗う 

 ガーゼをお湯に浸して軽く絞り、目から顔全体の順番に拭いていきましょう。 

目はめやにをとりながら目じりから目頭に向かって優しく拭き取ります。 

顔は、洗うというよりも額から優しく拭ってあげるようにしましょう。 

ガーゼは1回ごとにすすいでください。 

石鹸を使う場合には、目や鼻、口の周りは避けて洗うようにしてください。 

頭を洗う 

 石鹸を泡立て、手のひら全体を使って大きな円を描くようにして洗います。 

その後、ガーゼで石鹸をよく落として、ガーゼを絞って頭の水分を拭き取りましょう。 

頭に直接お湯をかけ流さないように注意してください。 

体の前側を洗う 

 首、両手、胸、おなか、両足の順番に洗ってあげましょう。 

首やわきの下、足の付け根、ひざの裏側などの汚れがたまりやすい場所は丁寧に洗います。 

洗うときにはあかちゃんの肌が最小限の露出となるように布をかけ直しながら洗います。 

背中・おしりを洗う 

 あかちゃんの首の後ろを支えたまま、右手を脇の下に入れて両手を使ってゆっくりとうつぶせにしましょう。 

その後、石鹸の泡で背中とおしりを洗います。 

この時に、あかちゃんの顔がお湯につかないように注意してください。 

うつ伏せ状態が難しい場合には横向きにして洗うのもよいでしょう。 

排泄物で汚れているおしりは特に丁寧に洗ってあげましょう。 

水分を拭き取る 

 バスタオルで赤ちゃんの体の水分を拭き取ります。 

こすらずに優しくおさえるようにして拭きましょう。 

おへその周りはデリケートなので、綿棒やタオルの端を使って水分をとります。 

洋服を着せる 

 洋服を着せるときは、あかちゃんの首の周りや体勢に注意しましょう。 

着せ終わったら、お鼻や耳を綿棒できれいにし、髪の毛を整えましょう。 

お風呂の後には水分が抜けているので、水分補給として、母乳やミルクを飲ませてあげましょう。 

沐浴時の注意点 

沐浴をするときのあかちゃんの体調を確認しましょう。 

発熱がある、元気がなく母乳やミルクをなかなか飲まないなどの場合には沐浴は避けましょう。 

また、授乳前や授乳直後30分以内の沐浴は避けましょう。 

沐浴の時間も、毎日同じぐらいの時間に、10~15分程度を目安に入れるようにしましょう。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました